個人事業主、土地など承継しやすく 相続争い防ぐ

2019/2/15 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は個人事業を後継者に譲るときのルールを見直す。先代が生きている間に事業を引き継いだ場合、後継者の譲り受けた土地や建物などの事業資産が、一定の条件の下で他の法定相続人の手に渡らないようにする。経営者の高齢化に伴う個人事業の廃業が増える中、相続争いを防ぐことで代替わりを進めやすくする。

今国会に提出する承継円滑化法改正案に盛り込んだ。2019年中の新ルール実施を目指す。

現行では生前に事業を譲り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]