2019年6月18日(火)

「本土が試される時」県民投票、沖縄の大きな意思表示に
沖縄の選択

2019/2/14 15:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る県民投票が14日、告示された。法的拘束力がないとはいえ、10日後に出る結果は沖縄の大きな意思表示となる。沖縄の基地負担の軽減が進まない中、県民はどう選択し、本土はそれをどう受け止めるのか。学識経験者らは「沖縄と本土が向き合う時だ」と呼びかける。

■国内外にメッセージ

「県民投票の結果は国内外への明確なメッセージになる。ワンイシューの政策につい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報