/

この記事は会員限定です

「天才」川上氏の一敗地 動画戦国時代、ニコ動低迷

[有料会員限定]

カドカワ社長の川上量生氏が13日付で辞任した。創業したドワンゴで2007年に始めた動画投稿サイト「ニコニコ動画」で頭角を現し、14年には出版大手KADOKAWAと異色の組み合わせとなる経営統合に踏み切るなど注目を集めてきた。しかし皮肉にも自身の退任につながったのは「ニコ動」などドワンゴの不振。米ネットフリックスなど動画配信サービスの台頭による「動画戦国時代」に押し流され、引責辞任に追い込まれた格好だ。

角川氏がほれ込んだ「天才」

「よ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1660文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン