グーグルが割安スマホ、「データの入り口」争奪戦

2019/2/14 4:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シリコンバレー=中西豊紀】米グーグルが廉価なスマートフォン(スマホ)の発売を計画していることが分かった。同社は人工知能(AI)スピーカーなど近年はハードウエア事業に力を入れている。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」時代はハード機器が「データの入り口」として重みを増す。アップルなどライバルも巻き込み、ハード市場の争奪戦が始まっている。

【関連記事】廉価版スマホ、グーグルが参入 ハード事業を本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]