/

米J&J、ロボット手術の米オーリス買収 34億ドル

【ニューヨーク=西邨紘子】米医薬品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は13日、傘下の手術用医療品事業エチコンが手術用ロボットを手掛ける米オーリス・ヘルスを現金34億ドル(約3800億円)で買収すると発表した。6月末までの手続き完了を見込む。

オーリスは非公開。遠隔操作の内視鏡手術ロボット開発で先端技術を持つ。米国では気管支の診断・治療向けの使用で実用化済みで、肺がんへの使用でも承認を目指す。J&Jは今後、オーリスの事業目標の達成状況により、最大23億5000万ドルの追加金を支払う。

J&Jは次の成長事業として手術ロボットに力を入れている。傘下の手術用医療用品とロボット技術を合わせて医療機関に提供することで、販売機会を広げる狙いもある。買収にともないオーリスのフレデリック・モール最高経営責任者(CEO)がJ&Jに加わる。モール氏は手術ロボット普及の先駆となったダ・ヴィンチ・サージカルシステムを開発したロボット手術業界の第一人者。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません