2019年7月24日(水)

プロ野球

新人の活力 ベテラン刺激 阪神、内野定位置争い混沌
キャンプリポート

2019/2/13 23:15
保存
共有
印刷
その他

早出の野手が黒土のグラウンドで必死にゴロをさばき、打撃練習では隣のケージを横目に快音を競い合う。「(各ポジションの)レギュラーは1個だけ。競争してつかんでもらう」と矢野燿大・新監督。横一線からのレースという大仕掛けが、特に内野の開幕メンバーを混沌とさせている。

評価急上昇中、ドラフト3位の新人・木浪は台風の目といえる存在だ=共同

評価急上昇中、ドラフト3位の新人・木浪は台風の目といえる存在だ=共同

最短距離にいるのは2人だ。昨季はチームで唯一、全試合に出場した新主将の糸原健斗(26)、右の大砲候補で昨季11本塁打の大山悠輔(24)。糸原は主に二塁、大山は三塁を守り、ともに3年目ながら、チームを引っ張る気概にあふれる。

だが、監督は簡単には当確を出さない。複数ポジションを守れるベテラン、新人らがそこに絡んで競う構図を楽しんでいる風情さえある。

台風の目ともいえる存在が、キャンプで評価急上昇中のドラフト3位の新人、木浪聖也(ホンダ、24)だ。本職は遊撃だが、二塁、三塁も守備は職人の領域。足さばき、捕球、送球まで動きは流麗で「特にスローイングがいい」と矢野監督。

右投げ左打ちでパンチ力もあり、7日の紅白戦では内角の難しい球に反応し、右翼へ技ありの3ラン。本人は「打撃も守りもまだ未熟」と謙遜するが、内野のどこでも守れる器用さは先輩諸氏を出し抜く武器になる。

もう一人、周囲に刺激を与えているのが、長年の定位置、遊撃に再挑戦中の16年目のベテラン鳥谷敬(37)。若手に負けまいと一緒に全メニューをこなす。動きには機敏さとキレがあり、相当の覚悟で臨んできたのは明らか。矢野監督も「気持ちが伝わってくる」と評価する。

2017年に三塁、18年はさらに二塁へコンバート。明け渡した遊撃、三塁で若手が育つ一方、自身は打撃不調に陥った。控えに甘んじた昨季は連続試合出場が1939試合で途切れ、チームも最下位に。今季にかける思いは人一倍強い。

さらに昨季、打撃開眼で定位置をつかみかけながら負傷離脱した二塁の上本博紀(32)、遊撃の北條史也(24)も紅白戦で鋭い当たりを連発し、復調をアピール。まだ打者の目が慣れていない時期のはずだが、競争にあおられ、野手陣の仕上がりは総じて早い。

ベテランや新人がカンフル剤になること自体、殻を破るべき成長途上の選手が多い証左でもある。チームの形はまだ見えないが、競争による底上げに上位進出の夢を託す春の陣だ。

(影井幹夫)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

6回を無安打無失点で4勝目を挙げた日本ハム・金子=共同

 七回裏、日本ハムのマウンドには金子ではなく、左腕・公文が登場した。「えっ、交代なの?」という声が聞こえてきそうな、ざわめきが球場内に波を打つ。ヒットを1本も許さず、涼しげに投げ続けてきた金子の雄姿を …続き (23日 23:45)

10回広島無死、安部が左越えにサヨナラ本塁打を放つ(23日、マツダ)=共同

【広島6―5中日】広島がサヨナラ勝ちで4連勝とした。2―5の九回に菊池涼の適時打とバティスタの2ランで同点。延長十回に安部の5号本塁打で試合を決めた。 …続き (23日 23:12更新)

野球の国際大会「プレミア12」の記者会見で記念写真に納まる日本代表の稲葉監督(左)ら(22日、東京都内のホテル)=共同

 11月に開催される野球の国際大会「プレミア12」の日本で行われる2次ラウンド以降の日程が22日に発表され、日本は2次ラウンドに進んだ場合、11月11日からZOZOマリンスタジアムと東京ドームで4試合 …続き (22日 20:35)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。