/

この記事は会員限定です

横浜地下鉄の延伸予定区間を歩く 住宅地に募る期待

TOKYO大変身

[有料会員限定]

横浜市営地下鉄ブルーラインが2030年をめどに、あざみ野駅(横浜市青葉区)から小田急線・新百合ケ丘駅(川崎市麻生区)まで延伸する。1981年に横浜市が総合計画で打ち出してから半世紀近い時を経て、ようやく実現する見通しだ。約6キロメートルの延伸区間を新百合ケ丘からあざみ野まで歩くと、住民らの熱い期待が伝わってきた。

平日昼の新百合ケ丘駅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1349文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン