縮む爆買い 中国転売規制が直撃、資生堂や花王が対策

2019/2/14 2:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

化粧品メーカーや小売りの業績を下支えしてきた訪日外国人需要が減速している。中国で輸入品のインターネット通販を規制する法律が1月に施行され、転売業者の仕入れが沈静化したほか、中国経済の減速も重なる。資生堂や花王は販売・宣伝の現地化や越境ネット通販の拡大など、中国国内の需要を取り込む事業モデルへの転換を急ぐ。

■「銀聯」決済が3割減

「新宿店では2018年12月以降、(中国人客の利用の多い)銀聯カード…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]