山形銀、M&Aを仲介 事業承継支援 後継者難に危機感

2019/2/13 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

山形銀行がM&A(合併・買収)を活用する事業承継の支援に力を入れている。2018年9月に県内の信用金庫と仲介業務に関する協定を結んだほか、12月には専門の相談所を開設した。背景にあるのが後継者難を主因とした事業所の減少。M&Aで引受先が見つかれば取引も継続できるが課題も多い。

M&Aといっても敵対的な買収ではなく、主に想定するのは他社への事業譲渡や資本提携といったM&Aの手法を用いた事業承継だ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]