タカハシグループ 同業カラオケも異業種もM&A再生
(我が社のストラテジー)

2019/2/13 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タカハシ(北海道網走市)は「カラオケ歌屋」などを展開する北海道最大のカラオケ店チェーンだが、手掛ける事業は多彩だ。外食、観光、交通、介護福祉などグループ9社を束ね、多角化を進める。M&A(合併・買収)が成長の原動力だが、事業不振や後継者不足などから持ち込まれた案件も少なくない。これらを再生し、地元経済の活性化の一翼を担う。

タカハシの創業は1954年で、グループの2018年8月期の売上高は149…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]