2019年6月16日(日)

中国・万達、止まらぬ資産圧縮 1年半で2.1兆円売却
百貨店、ホテル… 当局締め付けで経営暗転

2019/2/13 18:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の商業不動産大手、大連万達集団(ワンダ・グループ)が資産売却を加速している。12日、家電量販大手の蘇寧易購集団へ百貨店事業を譲渡し、同事業からの撤退を決めた。2017年夏以降、テーマパークなどを次々と売却し、総額は少なくとも1300億元(約2兆1千億円)を超える。積極的な海外投資で注目を集めた万達だが、中国当局の突然の締め付けで経営は暗転し、立て直しの道もなお険しい。

「今回の買収で、ネット…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報