/

460億円集金か 詐欺容疑で投資会社幹部ら逮捕、愛知県警

(更新)

「月3%」などの高配当をうたって現金をだまし取ったとして、愛知、岡山両県警の合同捜査本部は13日、千葉市の投資会社「テキシアジャパンホールディングス」の実質経営者、銅子正人容疑者(41)=自称大阪市淀川区東三国6=ら10人を詐欺の疑いで逮捕した。

捜査本部によると、全国の高齢者ら約1万3千人から約460億円を集めたとみられる。

愛知県警に逮捕された「テキシアジャパンホールディングス」実質経営者の銅子正人容疑者(13日午前、県警南署)

ほかに逮捕されたのは、同社元社長の安達慶三容疑者(58)=神戸市中央区磯辺通4=ら。捜査本部は10人の認否を明らかにしていない。

逮捕容疑は2016年7月~17年7月ごろ、配当や元本を支払うための事業実態がないにもかかわらず、「1口100万円で出資すると、毎月3%の配当が支払われる」「1年後に元本を償還するか契約継続を選べる」などとうそを言い、愛知県に住む60~70代の男女3人から計6400万円をだまし取った疑い。

テキシア社は13年に勧誘を始めた。銅子容疑者を頂点として、地区ごとに勧誘のリーダーを置くピラミッド型の組織で会員を増やした。出資額や勧誘実績に応じて一般の会員が「マネジャー」「ディレクター」などに昇格できる仕組みだった。

勧誘のため「日本を元気にする会」と称するセミナーを各地で開催。会員向けの昼食会や旅行などのイベントも催していたが、17年9月ごろから配当の支払いが滞った。

テキシア社はその後、返金の遅れを謝罪する書面を複数回送付。配当が滞った理由については「急成長が見込まれる事業への先行的かつ急激な投資を重ねた結果」などと釈明していた。「間違いなく契約通りに返す」としているが、大半は滞ったままとみられる。

愛知県警生活経済課などは18年7月から関係先を繰り返し家宅捜索し、押収した内部資料の分析を進めていた。

テキシア社をめぐっては、契約通りの配当がなく損害を受けたとして返金を求める民事訴訟が各地で起こされている。同社側への賠償命令が確定したケースもあるが、ある原告の代理人弁護士は「会社側は裁判の期日にも姿を見せておらず、今後も支払いがあるかどうか分からない」と話す。

登記簿や信用調査会社によると、テキシア社は13年9月に設立された。登記上の本社は千葉市中央区で資本金は2千万円。海外での法人設立や投資、企業経営のコンサルティング、セミナーの運営などを主な事業に掲げている。

◆「KING」として勧誘 逮捕の実質経営者
 逮捕された「テキシアジャパンホールディングス」の実質経営者、銅子正人容疑者(41)はコンサート付きのパーティーを各地で催し、会員の間で「KING(キング)」と呼ばれていた。こうした場で中心となって投資を勧誘していたとみられる。
 銅子容疑者は関西の大学でサッカー部に在籍し、その後フットサルの指導者として活動。2003年発行のフットサル専門雑誌によると、フットサルチームの監督を務め、複数のプロスポーツ選手の専属トレーナーも担っていたとされる。
 テキシア社の事業に詳しい弁護士らによると、銅子容疑者はホテルや市民ホールでコンサート付きのパーティーを開いて会員を募っていた。動画投稿サイトには、白いスーツにサングラス姿の同容疑者がオリジナル曲を歌い、会員が旗を振って盛り上がる映像もある。
 自身の誕生日パーティーに出資者を呼び、個別にまとまった現金を手渡すこともあったという。約300万円を出資した50代男性は「キングのカリスマ性にひかれ、会社を信じてしまった」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン