自動車エンジン効率「夢の50%超」達成
科学記者の目 編集委員 吉川和輝

2019/2/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

乗用車用エンジンの熱効率を大幅に引き上げることを目的にした内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のプロジェクト「革新的燃焼技術」が2018年度で終了、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの両方で50%を超える最大熱効率を達成した。エンジンの技術開発の歴史を書き換える成果。プロジェクトでは主要メーカーや大学の研究者が緊密に連携、「燃焼」という現象の基本に立ち返ってブレークスルーにつな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]