/

この記事は会員限定です

[社説]外国人への日本語教育の質どう高める

[有料会員限定]

外国人が日本社会に溶け込むうえでとりわけ大切なのは、日本語の力だ。すでに日系人や技能実習生に加えて留学生の就労も広がっているが、外国人労働者の受け入れを拡大するのを機に、日本語を身につけやすい環境づくりに改めて力を入れるべきだ。

4月に新設される在留資格「特定技能」のうち「1号」は単身が条件だが、熟練者が取得できる「2号」は家族の帯同が認められる。配偶者や子どもを含め、広く外国人が日本語を学べる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り721文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません