/

この記事は会員限定です

[社説]和牛の遺伝資源を守るには

[有料会員限定]

所定の輸出検査をしないで和牛の受精卵や精液を中国へ持ち出そうとした大阪府在住の人物を、農林水産省は家畜伝染病予防法に違反したとして刑事告発した。

和牛は日本の生産者が長い時間をかけて改良した成果であり、高い付加価値を持つ。遺伝資源の無断流出を官民で防いでほしい。

ほかにも中国では日本の試験場が育成したブドウの高級品種「シャインマスカット」の生産が急増している。和牛も過去に精液などが輸出され、米国や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン