米マッキンゼーアジア会長「関西の成長力、楽観視」

2019/2/13 18:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米コンサルティング大手のマッキンゼー・アンド・カンパニーが神戸市や大阪市に拠点を設けるなど、関西を重視している。来日したアジア太平洋地域会長のオリバー・トンビー氏らは関西企業の成長力を「楽観視している」と述べ、デジタル技術の活用が成長のカギとの見方を示した。国際博覧会(大阪・関西万博)での先端技術の発信にも期待を示した。

マッキンゼーの分析によると、関西企業の2012~16年の売上高の成長率は4…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]