/

この記事は会員限定です

米マッキンゼーアジア会長「関西の成長力、楽観視」

[有料会員限定]

米コンサルティング大手のマッキンゼー・アンド・カンパニーが神戸市や大阪市に拠点を設けるなど、関西を重視している。来日したアジア太平洋地域会長のオリバー・トンビー氏らは関西企業の成長力を「楽観視している」と述べ、デジタル技術の活用が成長のカギとの見方を示した。国際博覧会(大阪・関西万博)での先端技術の発信にも期待を示した。

マッキンゼーの分析によると、関西企業の2012~16年の売上高の成長率は4....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り590文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン