弁護士刺殺、県も賠償責任 高裁支部が警官不手際認定

2019/2/13 17:28
保存
共有
印刷
その他

秋田市で2010年、弁護士、津谷裕貴さん(当時55)が自宅で男に刺殺されたのは臨場した警察官の不手際が原因だとして、遺族が秋田県と男に計約2億2185万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が13日、仙台高裁秋田支部であった。山本剛史裁判長は男だけに賠償を命じた一審秋田地裁判決を変更し、県と男に計約1億6480万円の賠償を命じた。賠償額は一審判決と同額。

判決理由で山本裁判長は「(臨場した)警察官…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]