丸亀うちわ、香川漆器~県産品の融合でアクセサリー

2019/2/13 16:58
保存
共有
印刷
その他

香川県を中心に活躍するアートディレクターの村上モリロー氏らは13日、香川の県産品を融合したアクセサリー「qetto(クエット)」を開発したと発表した。竹を加工する丸亀うちわの技法と、香川漆器の漆を融合させたイヤリングなど3種類の商品を20日から販売する。伝統工芸品などの新たな魅力を女性に向けて発信する。

香川県のアートディレクターらが県産品を融合したアクセサリーを開発した

村上氏がアクセサリーのデザインを担当し、丸亀うちわや香川漆器、庵治石、手袋の4事業者が開発に携わった。丸亀うちわをイメージしたイヤリングはペアで税抜き3万2600~3万3600円で販売する。

庵治石と香川漆器の技術を融合させ、瀬戸内海に映る「月」をテーマにしたイヤリングは3万9千~4万円。手袋のニットを漆で固めたネックレスは5万4500円。

伊勢丹新宿店(東京・新宿)で20日から開催される香川県の工芸品フェアで新作のアクセサリーを発売する。県内では、かがわ物産館栗林庵(高松市)で23~24日に受注販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]