狙われた和牛 受精卵、持ち出し未遂発覚

2019/2/13 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内外で人気が高い和牛の受精卵や精子が海外へ持ち出されそうになったことが発覚し、国や畜産農家が危機感を強めている。日本にとって有力な輸出農産品の一つで、流出した受精卵などで海外で生産されれば国内畜産業も打撃を受ける恐れがある。肉質向上のため農家が改良を重ねた歴史もあり、国は税関や航空会社に注意喚起するなどして保護の徹底を図る。(小安司馬、加藤彰介)

「あってはならないこと。許せない」。兵庫県養父…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]