大鶴氏らが辞任 ゴーン元会長の弁護人 後任に弘中氏

2019/2/13 16:21 (2019/2/13 18:25更新)
保存
共有
印刷
その他

多くの海外メディアを前に記者会見する大鶴基成弁護士(1月8日、東京都千代田区の日本外国特派員協会)

多くの海外メディアを前に記者会見する大鶴基成弁護士(1月8日、東京都千代田区の日本外国特派員協会)

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(64)を巡る一連の事件で、大鶴基成弁護士と押久保公人弁護士は13日、元会長の弁護人を辞任した。後任には弘中惇一郎弁護士らが就任した。

弘中弁護士は陸山会事件の小沢一郎・自由党共同代表や、郵便料金不正事件の村木厚子・元厚生労働次官の弁護人を務めるなど、多くの無罪事件に関わった。ほかに河津博史弁護士も就任した。

ゴーン元会長は会社法違反(特別背任)罪などで追起訴された1月11日に保釈を請求したが認められず、同18日に再度、保釈を請求。同22日に地裁が改めて却下し、ゴーン元会長は東京・小菅の東京拘置所での勾留が続いている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]