/

副業の平均月収はおいくら? 6万8200円と民間調べ

副業の平均月収は6万8200円、平均時給は1652円――。パーソル総合研究所(東京・港)は個人の副業実態に関する調査結果を発表した。副業を実施中の正社員の割合は約1割で、今後副業したい人は約4割に上った。本業への相乗効果も見られる一方、1週間の総労働時間が70時間を超える人が1割を占め、長時間労働の課題が浮き彫りになった。

調査名は「副業の実態・意識調査」。20~50代の正社員を対象に、2018年10月下旬にインターネットを通じて実施した。有効回答数は1万3958人だった。副業から得る月収を聞いた質問では「5万~9万円台」が24%で最多だった。高額の収入につながっている例もあり「30万円以上」との割合も4%を占めた。

副業が本業に与える影響については「会社への忠誠心が高まった」(14%)との回答が「低下した」(12%)を上回った。「本業へのモチベーションが高まった」(23%)も「低下した」(10%)より高かった。

1週間あたりの副業時間は平均10.32時間で、総労働時間は同54.81時間だった。1週間の総労働時間が「70時間以上」の人の割合は11%、「60時間以上~70時間未満」は17%を占めるなど長時間労働になる傾向が出た。副業のデメリットを聞いた質問では「過重労働となり体調を崩した」(14%)、「過重労働となり本業に支障をきたした」(13%)との回答が上位2位を占めた。

副業の目的に関しては「収入補填」が最多で、20~30代男性は他の属性よりも「自己実現」との回答が多かった。副業者を職種別にみると、「経営・経営企画」(21%)、「人事・教育」(18%)、「法務」(15%)など間接部門が上位を占めた。副業の内容としては飲食店や株などの投資のほか、「ライターが意外と人気」(同社)だという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン