/

この記事は会員限定です

アサヒ・キリン、市場が問う国内ビール以外の収益源

証券部 阿部真也

[有料会員限定]

アサヒグループホールディングスキリンホールディングスは14日、2018年12月期の連結決算を発表する。両社とも本業のもうけを示す事業利益は増益となる見通しだが、主力の国内ビール販売は低迷が続く。消費者の節約志向などで国内需要の回復が見込みにくい中、株式市場が注目するのは国内ビールを補う新たな収益源だ。決算にあわせて両社が公表する中期経営計画で、投資家が納得する成長戦略を示せるかが焦点になる。

「アサヒは『海外』、キリンHDは『健康』ですね」――。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1376文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン