/

米携帯2社の合併拒否要請 上院議員9人、規制当局に

【ニューヨーク=共同】米上院議員9人は12日、ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位のスプリントと3位のTモバイルUSの合併計画に関し、競争が阻害されるとして、承認を拒否するよう米司法省と米連邦通信委員会に要請した。

Tモバイルの店舗(ニューヨーク)=ロイター

9人は、2020年大統領選に名乗りを上げた民主党のエリザベス・ウォーレン氏や、エーミー・クロブシャー氏、キルステン・ジルブランド氏、出馬が見込まれる同党系無所属のバーニー・サンダース氏ら。

スプリントの店舗(ニューヨーク)=ロイター

両当局に提出した書簡では「利用料金が値上げされるだろう」と指摘し、低所得の消費者や高齢者への影響を懸念した。「第5世代(5G)ネットワークの配備を加速させることもないだろう」と述べた。

一方、Tモバイルのジョン・レジャー最高経営責任者(CEO)は米下院委員会に出した書面で「高速通信や新しいサービスを低価格で提供する」と表明した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン