福島第1原発ルポ、2号機で接触調査 廃炉実現占う

2019/2/12 23:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2011年の東日本大震災による津波で事故を起こした東京電力福島第1原子力発電所の廃炉が大きな山場を迎える。廃炉で最大の難関となる溶融燃料(デブリ)の取り出しに向けた作業が本格化する。デブリを取り出せるかどうかは30~40年かかるとされる廃炉の実現を占う。福島第1原発の成否は廃炉に軸足を移す国内の原発事業にも影響を与えそうだ。

「調査装置がスタンバイしている」。1~4号機の原子炉建屋を眺める高台か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]