2019年2月20日(水)

司法試験、最短5年で合格 法科大学院など政府改革案

社会
2019/2/12 22:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は12日、法科大学院と司法試験の改革案を自民党の文部科学、法務などの合同部会に示した。法学部3年、法科大学院2年の計5年で修了できる「法曹コース」の創設に加え、在学中の司法試験受験を認めることが柱。現在は最短で6年半かかる大学入学から司法試験合格までの期間を最短5年前後へ大幅に縮め、時間的・経済的負担を軽減して法科大学院離れを食い止める狙いがある。

法科大学院の入学定員総数は現在の2300人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報