/

この記事は会員限定です

狙われる無人寺の仏像 盗難対策でレプリカ安置も

[有料会員限定]

各地の寺院に伝わる仏像など、文化財の盗難被害が相次いでいる。住職がいない無人寺が狙われ、インターネット上のオークションに出品されているのが見つかったケースもあった。過疎化が進む地域などでは住民の管理には限界がある。本物を博物館で預かってレプリカを安置するなど、自治体や政府も対策に乗り出している。

「あの仏像じゃないか」。2018年6月、ネットのオークションサイトを見ていた和歌山県立博物館(和歌山...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り999文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン