宇宙開発 軍民両用で割れる科学界

2019/2/25 12:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宇宙政策の基本を定める宇宙基本計画工程表が2018年12月に改定され、安全保障との連携を強く打ち出した。宇宙開発に関わる技術は、民生と軍事の両方に使えるデュアルユース(軍民両用)技術の代表。これまで産業利用や科学目的を前面に出してきた日本の宇宙開発だが、安全保障とどうバランスを取っていくか科学界の姿勢も問われる。

「防衛計画の大綱・中期防衛力整備計画との連携」――。昨年末に改定された宇宙基本計画…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]