2019年5月20日(月)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,250.09 +187.11
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,270 +220

[PR]

M&Aニュース

フォローする

ヤマハ発、半導体製造装置の新川を100億円で買収

2019/2/12 20:30
保存
共有
印刷
その他

ヤマハ発動機は12日、半導体製造装置を手掛ける新川を買収すると発表した。金額は約100億円。スマートフォン(スマホ)市場の飽和などから、半導体メーカーで設備投資を控える傾向が出ており、製造装置メーカーには逆風が吹いている。ヤマハ発も製造装置事業を手がけており、今回の買収で部品の共通化によるコスト削減や販路の拡大を目指す。

ヤマハ発は新川が実施する第三者割当増資を引き受け、6月下旬に子会社化する。一方、新川は12日、同業のアピックヤマダを完全子会社化すると発表した。ヤマハ発から得た資金を構造改革のほか、アピックヤマダの買収費用にも充てる。

さらに新川が7月に設立する持ち株会社の下に新川とアピックヤマダが入る。ヤマハ発は持ち株会社の56.63%の株式を保有する。

新川は半導体の基板材料となるシリコンウエハーを切断したり検査したりする「後工程」用の装置に強みを持つ。一方、ヤマハ発は半導体や電子部品をプリント基板に載せる装置を手掛けている。

半導体製造装置の市場はスマホ販売やデータセンター需要の増加で拡大が続いてきた。ただ、足元ではスマホ市場の飽和から景況感が悪化している。

M&AニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム