/

この記事は会員限定です

個人融資20店縮小 みなと銀が4月から、資産運用に重点

[有料会員限定]

みなと銀行(神戸市)は4月から、住宅ローンなど個人向け融資を扱う店舗を順次縮小する。業務削減による余剰人員を保険や投信の販売など資産運用の業務に振り分け、手数料収入の増加を図る。地盤の神戸市周辺は他地域の地銀の進出で競争が激しく、みなと銀の収益は悪化が続く。店舗機能や人員の配置を最適化し、コスト削減と収益強化につなげる。

みなと銀は2014年から店舗機能の見直しに着手。全106店舗のうち、約50の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り733文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン