/

うめきた2期の公園変更 大阪市都計審

大阪市は12日、都市計画審議会を開き、大阪駅北側の再開発エリア、うめきた2期地区の公園計画変更を決めた。2017年の計画では幹線道路の北側が2.5ヘクタール、南側が2.0ヘクタールだったが、それぞれ2.0ヘクタールと2.5ヘクタールに変更した。18年に開発事業者に選ばれた三菱地所などの企業グループの提案に基づき、面積と形状を変更する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン