2019年4月23日(火)

その他スポーツ

「新たな池江璃花子が戻ると信じる」 競泳・三木コーチ

2019/2/12 20:02
保存
共有
印刷
その他

人気も実力も2020年東京五輪の顔と期待されていた、競泳女子の池江璃花子(18、ルネサンス)を病魔が襲った。

【関連記事】競泳・池江選手が白血病公表 日本水連「早期に発見」

2018年8月、ジャカルタ・アジア大会で6冠を達成した競泳女子の池江璃花子選手=共同

2018年8月、ジャカルタ・アジア大会で6冠を達成した競泳女子の池江璃花子選手=共同

東京都内での記者会見には、池江を指導する三木二郎コーチらも出席した。「病名が分かった時、お互いに言葉が出なかった。(本人は)本当に頭の中が真っ白だったと思う」と同コーチ。先月18日からのオーストラリア合宿では通常通り週9回のトレーニングを組んでいたが、2週目後半頃から、しんどそうな姿を見せたという。

この日は「白血病」というほか、詳細な診断については明かさなかったものの、日本水泳連盟の上野広治副会長は「通常の生活で発見できる状況ではなかったと推測する」と説明。「水泳をしていたことによって異変を感じ、早期発見となったのでは」と話した。

【関連記事】「白血病」若い世代のがんで最多 治療法は進歩

五輪前哨戦となる今夏の世界選手権(韓国)では日本記録を持つ100メートルバタフライなど個人種目だけでなく、複数のリレー種目でも活躍を期待されていた。上野副会長は「池江抜きのリレーは非常に厳しい。(五輪出場権を得るため)ほかの選手に奮闘してもらうよう、檄(げき)を飛ばしていきたい」と話した。

来春の東京五輪代表選考については、「特別な猶予は考えていない。厳しい道のりになるが、五輪選考会のスタートに立てるように温かく見守ってほしい」と祈るように話した上野副会長。三木コーチも「本人が病気と闘うことを決めたことで、新たな池江璃花子が戻ってくると信じている。東京五輪へまだ可能性はゼロじゃない。いろいろな部分でケアできたら」と絞り出すように話した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

混合ダブルス2回戦を突破し、笑顔で握手する吉村(右)、石川組(22日、ブダペスト)=共同

 【ブダペスト=共同】卓球の世界選手権個人戦第2日は22日、ブダペストで行われ、混合ダブルスで前回優勝の吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組と、森薗政崇(岡山)伊藤美誠(スターツ)組がそれぞれ …続き (7:30)

男子100メートル決勝で力走する桐生祥秀(手前)。10秒10で優勝した(22日、ドーハ)=共同

 【ドーハ=共同】陸上のアジア選手権第2日は22日、ドーハで行われ、男子100メートルで桐生祥秀(日本生命)が追い風1.5メートルの決勝を10秒10で制した。日本人ではこの種目初優勝で、今大会初の金メ …続き (7:28)

男子やり投げで銅メダルを獲得し、表彰式で笑顔の新井涼平(22日、ドーハ)=共同

 【ドーハ=共同】陸上のアジア選手権第2日は22日、ドーハで行われ、男子100メートル準決勝1組の山県亮太(セイコー)は追い風1.2メートルで10秒18、2組の桐生祥秀(日本生命)は同1.4メートルで …続き (1:24)

ハイライト・スポーツ

[PR]