その他スポーツ

テニス界では日常茶飯事 大坂、コーチと契約解消

2019/2/12 19:58
保存
共有
印刷
その他

1月のテニスの全豪オープンで四大大会2連覇を達成した大坂なおみ(日清食品)は12日、ツイッター上でサーシャ・バイン氏との契約解消を発表した。トレーナーら、バイン氏以外のスタッフとはこれまで通りやっていくという。

全豪オープンの練習で話す大坂なおみ(右)とサーシャ・バイン・コーチ=共同

全豪オープンの練習で話す大坂なおみ(右)とサーシャ・バイン・コーチ=共同

2人がタッグを組んだのが2017年末。「サーシャはポジティブで、ネガティブになりがちな私にはいいと思った」と選んだ理由を話していた。それから1年余りで世界ランキングは68位から1位、四大大会も2勝。その直後の別離というタイミングには驚きだが、コーチの変更はテニス界では日常茶飯事だ。

ロジャー・フェデラー(スイス)はコーチ不在の時期が長かったし、現コーチで落ち着いているセリーナ・ウィリアムズ(米国)もスタッフの入れ替わりはよく見られる。ノバク・ジョコビッチ(セルビア)のように、時期を経て以前のコーチに戻ったケースもある。

バイン氏は15年、8年近く練習相手を務めたセリーナと関係を解消。ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)ら四大大会を制した女子選手たちの練習相手を務めたがいずれも短期で、初めてコーチに就任したのが大坂だった。大坂も16年末、初めて契約したコーチ、デービッド・テイラー氏と半年あまりで関係を解消、バイン氏に出会った。

全豪オープンもいつもと変わらず、うまくいっていない様子は見られなかった。当人同士にしか分からない方向性の違いがあるのだろう。大坂もバイン氏もツイッターでお互い謝意を表明し、友好的な決断を強調している。

これまでも四大大会の数週前から、日本テニス協会はナショナルチーム女子担当の吉川真司コーチらをツアーに派遣、練習を見てきた。新コーチを探しているがいつ決まるかは不透明。少なくとも四大大会など大きな大会は、大坂が16歳の時から見ている吉川コーチらがつくことはできる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 フランス伝統の自動車耐久レース、ルマン24時間の主催者は10日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で9月19、20日に延期したレースを無観客で実施すると発表した。
 昨年の第87回大会では最高峰クラスで …続き (10日 23:02)

男子準決勝でホールドに右足をかける楢崎智亜。決勝に進んだ(10日、岩手県営スポーツクライミング競技場)=共同

 スポーツクライミングで到達した高さを競うリードのジャパンカップ第2日は10日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で行われ、男子準決勝は東京五輪代表の楢崎智亜や前回優勝の藤井快(ともにTEAM …続き (10日 19:51)

 パレルモ女子オープンで約5カ月ぶりにツアーが再開した女子テニスの10日付世界ランキングが発表され、同オープンに不出場の大坂なおみ(日清食品)は前回3月16日付の10位のままだった。日比野菜緒(ブラス …続き (10日 18:46)

ハイライト・スポーツ

[PR]