2019年2月18日(月)

2/18 15:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,032,659億円
  • 東証2部 74,389億円
  • ジャスダック 88,344億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.19倍 --
株価収益率13.24倍13.62倍
株式益回り7.55%7.33%
配当利回り1.91% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,281.85 +381.22
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,300 +400

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

2月18日(月)14:20

ソフトバンクとトヨタ 丸の内で通勤シャトル実証実験[映像あり]

iPS細胞で脊髄損傷治療 厚労省が慶大の計画了承

2月18日(月)13:00

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

株式相場にじわり先高観 円安進み業績不安後退
編集委員 前田昌孝

2019/2/13 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

連休前には東京株式相場に先安観が漂っていたが、春節(旧正月)明けの中国・上海株式相場の上昇を受けて投資家心理が改善し、12日の日経平均株価は急騰した。1ドル=110円台半ばまで円安が進み、株価指数先物に外国人買いが入ったことも、急反発の一因だ。3月期決算企業の2018年4~12月期決算発表がほぼ終わり、業績面の不透明感は薄れている。2万1000円手前での売り物をこなせるかどうかが当面の焦点だ。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

読まれたコラム