2019年2月18日(月)

逃れられない「監視」、個人しばる無料の罠

フェイスブック
データの世紀
ネット・IT
法務・ガバナンス
2019/2/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国河北省の省都、石家荘市の一角。結婚に向け新居を探す喬茂虎さん(33)がスマートフォン(スマホ)を熱心に操作し始めた。「老頼地図」というサービスを使い、半径500メートルに住む借金の未返済者の住所や氏名、借金額を表示。近くに100人以上いることがわかると、思わず顔をしかめた。「住環境が悪い」。別の場所に住もうと決めた。

老頼地図は、1月に中国のネット大手テンセントの対話アプリ「微信(ウィーチャット)」の追加機能として登場。河北省の裁判所が公式情報を提供している。借金問題に厳しく臨む中国当局の方針と、あらゆるデータを囲い込みたいテンセントの利害が一致した。

テンセントの新サービスは周辺の債務者の人数も分かる(河北省石家荘市)

テンセントの新サービスは周辺の債務者の人数も分かる(河北省石家荘市)

プライバシー保護の規制にあまり縛られず個人情報を集められる中国。その姿は、少数のIT(情報技術)巨人にデータが集約される「ニューモノポリー」のひとつの未来像でもある。

【関連記事】「新独占」IT7社で130億人 企業・個人・国家を翻弄

「グーグルは各国の情報機関が舌なめずりする究極の個人情報を握っている」。ベルギー在住で個人情報に詳しいトーマス・ビンジェ弁護士は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報