/

新生児遺棄疑い、28歳女逮捕 北九州 出産直後に

北九州市小倉北区の商業施設内で新生児が見つかった事件で、福岡県警小倉北署は12日、同市八幡西区のアルバイト、栗山紋季沙容疑者(28)を保護責任者遺棄の疑いで逮捕した。「置き去りにしました」と容疑を認めている。

逮捕容疑は2018年9月18日午後5時10分ごろ、小倉北区中津口2の商業施設内に0歳女児を遺棄した疑い。女児は命に別条はなく、現在は乳児院に預けられているという。

同署によると、商業施設から約250メートル離れたホテルの一室で出産の形跡があった。栗山容疑者が出産直後に女児を置き去りにしたとみて、動機などの捜査を進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン