2019年4月23日(火)

アサヒGHD、カルピス容器軽量化 環境方針で明示

環境エネ・素材
サービス・食品
2019/2/12 19:23
保存
共有
印刷
その他

アサヒグループホールディングス(GHD)は資源の有効利用や環境負荷の低減を進める方針を発表した。再生可能エネルギーの活用などで2050年までに二酸化炭素(CO2)排出量ゼロを目指すほか、容器の軽量化や環境に優しい技術の開発も進める。廃プラ削減などに市場や消費者の関心が高まっており、対策をアピールする。

カルピスの容器は2グラム軽くなる

「アサヒグループ環境ビジョン2050」を策定した。50年までにグループの事業活動に伴うCO2排出量をゼロにする目標を掲げる。省エネや再生可能エネルギー活用などで対応する。

容器の軽量化では、アサヒ飲料が「カルピス」に使うプラスチックボトルを現在の1本当たり34グラムから2グラム軽くする。3月下旬から始め、プラスチックの使用量を年間で約130トン削減できるという。ほかの飲料容器も包装をなくしたり、自然由来の素材を使ったりする。酵母や乳酸菌などの微生物を活用する技術を応用し、環境に優しい技術の開発などにも力を入れる。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報