/

この記事は会員限定です

和田智行氏 福島・南相馬でコワーキング拠点運営

(キーパーソン)

[有料会員限定]

東日本大震災から間もなく8年。東京電力福島第1原子力発電所事故の被災地の避難指示解除は進んだが、住民の帰還は遅れている。地域の再生に何が必要か。福島県南相馬市でコワーキングスペースを運営する小高ワーカーズベースの和田智行社長(42)に聞いた。

――南相馬市小高区でいち早く地域再生に取り組んできました。

「東京の大学を卒業後、古里の小高に戻り、仲間と起業した東京のIT関連会社の経営を遠隔で行っていた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り703文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン