/

この記事は会員限定です

新興証取、米金融を活性化 利用者目線で大手に対抗

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米国で証券取引所を新設する動きが相次いでいる。シリコンバレーの有力起業家らは、長期保有の株主に議決権を多く与える仕組みを提唱。米証券取引委員会(SEC)に新取引所の認可を申請した。金融大手グループもコストの低減を狙った取引所をつくる。ニューヨーク証券取引所(NYSE)グループなど大手の存在感は簡単には揺るぎそうにないが、多様な市場は米金融の活性化につながりそうだ。

ベンチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン