2019年4月20日(土)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,200.56 +110.44
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
22,200 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

4月19日(金)14:20

任天堂 「スイッチ」を中国で発売へ テンセントと協業[映像あり]

パイオニアが希望退職者を募集 リストラに着手

4月19日(金)13:00

[PR]

経営トーク

フォローする

日産社長「ゴーン氏報酬、支払う結論には至らない」

自動車・機械
2019/2/12 19:22
保存
共有
印刷
その他

日産自動車は12日、2018年4~12月期の連結決算を発表した。カルロス・ゴーン元会長の過年度の役員報酬の費用として92億円を計上したが、西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)は実際に支払うかどうかについて「支払うという結論に至るとは思っていない」と述べた。主なやり取りは以下の通り。

日産自動車の西川広人社長(12日午後、横浜市西区)

日産自動車の西川広人社長(12日午後、横浜市西区)

――ゴーン元会長の役員報酬関連費用を計上しました。実際にゴーン元会長に報酬は支払う考えですか。

西川氏「計上した92億円というのは、想定される債務を保守的にみた場合の数字。これを実際に支払うことを決めたわけではない。私としては支払いをする、という結論に至るとは思っていない」

軽部博・最高財務責任者(CFO)「まだ実際に支払われていない。今後の調査や捜査の結果で決まるが、支払うというのとは別の問題だ」

――ゴーン元会長に対して監督機能が果たせなかった責任をどう感じていますか。

西川氏「私や過去の経営陣を含め、長きに渡って不正を止められなかった責任は非常に大きい。過去に起こったことへの責任と、日産という大きな船を将来に向けて止めずに前に進めていくという責任がある。今は2つめの責任に集中し、その上で自分の責任を考えたい」

――ルノーとの連合(アライアンス)で望ましい姿は。

西川氏「アライアンスは非常に大きな強みであり財産だ。将来的に磨きをかけていきたい。ルノーのジャンドミニク・スナール会長とは今週会う。まず私とスナール氏で短期の問題を整理して、中期的なことは次の段階で議論するテーマだ。今の運営形態が本当に効率的か検討したうえで、改善すべきところは改善する。一人に権限をむりやり集中させるのではなく、アライアンスのメンバー会社の進化に貢献する仕組みを作っていくのが重要だ」

記者の質問に答える西川社長(12日午後、横浜市西区)

記者の質問に答える西川社長(12日午後、横浜市西区)

――4~12月期の業績の受け止めと将来の市場見通しについて教えて下さい。

軽部氏「足元の販売台数の減少を反映し、19年3月期通期販売台数は従来の見通しから32万台減の560万台に見直す。通期の連結営業利益は900億円下方修正し前期比22%減の4500億円とする」

西川氏「4~12月期でねらった線を達成できなかった。これを1~3月期で無理に補うと過去の過ちの繰り返しになる。そのためやや大幅な下方修正をした。米国は19年度は台数も少し落ちるし、競争も激しくなる。中国も踊り場だが、長い目で見ると成長するとみている。ブランディングは一朝一夕ではできない。継続性と一貫性を持って辛抱強く仕事をするということを肝に銘じたい」

(松川文平)

経営トークをMyニュースでまとめ読み
フォローする

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム