2019年4月23日(火)

東京五輪、カヌー会場など都が公開 工事おおむね順調

2019/2/12 17:55
保存
共有
印刷
その他

東京都は12日、2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場となる「カヌー・スラロームセンター」(江戸川区)など6施設の建設現場を公開した。工事はおおむね順調といい、19年中にも相次いで完成する予定。本格化していく大会組織委員会のテスト大会などで会場として利用され、本番に向けた運営の確認作業に入る。

報道公開された建設中のカヌー・スラロームセンター(12日午前、東京都江戸川区)

報道公開された建設中のカヌー・スラロームセンター(12日午前、東京都江戸川区)

カヌー・スラロームセンターの工事進捗率は1月末までで74%。この日は5月の全長約200メートルの競技コース完成に向け、コンクリート流し込みの最終作業が行われた。ただ、管理棟の担当業者が経営破綻し、全体の完成は7カ月遅れの19年12月となる見通しだ。

工事進捗率はほかにボート競技会場の「海の森水上競技場」が77%、競泳会場の「東京アクアティクスセンター」(江東区)が55%などとなっている。

五輪開幕まで1年5カ月余り。都の担当者は「工事は順調。大会を楽しみにしてくれる方のためにも、工期に間に合うよう頑張りたい」と気を引き締めていた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報