2019年2月16日(土)

もうひとつの世界標準 健康や安全 日本に勝機
本社コメンテーター 中山淳史

中山 淳史
Deep Insight
本社コメンテーター
2019/2/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国企業が製造する次世代通信規格「5G」向けの機器を使わない動きが、米国から世界に広がっている。

安全保障上の問題が背後に存在するといわれているが、もう一つあるとみられるのは、巨大国家が進める「デファクト・スタンダード(事実上の世界標準)」戦略に対する各国の警戒感だろう。

中国企業の強みはなんと言っても母国市場の巨大さだ。大きな市場で強固な経営基盤を確立できれば、海外での市場競争も優位に進められ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

中山 淳史

本社コメンテーター

産業・企業経営

自動車、電機など産業動向、経営トレンドに精通。編集委員、論説委員などを経て2017年2月より現職。「GEと東芝」「移動の未来」などで講演多数。2001年の米同時テロをニューヨーク駐在時に取材。アルゼンチン留学も。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報