/

この記事は会員限定です

首相、対北朝鮮「圧力」発言控える 米朝会談前に配慮

[有料会員限定]

27~28日にベトナムの首都ハノイで開く米朝首脳会談を前に、安倍晋三首相が北朝鮮に圧力をかける発言を控えている。背景には北朝鮮との直接交渉に臨むトランプ米大統領への配慮がある。北朝鮮は非核化を進展させる見返りに制裁緩和などを求めているからだ。日本が態度を軟化させたと受け止められれば、北朝鮮への包囲網が揺らぐとの見方はある。

首相は1月の施政方針演説で北朝鮮政策について「圧力」という言葉を使わず「米...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り615文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン