/

競泳・池江選手が白血病公表 日本水連「早期に発見」

(更新)

競泳女子のエース、池江璃花子選手(18、ルネサンス)は12日、自身のツイッターなどで白血病と診断されたことを公表した。東京都内で記者会見した日本水泳連盟によると、白血病は早期の段階で発見され、今後の治療方針や復帰時期については、担当医と相談の上、決めていくという。

 競泳の池江璃花子選手が白血病と診断され、厳しい表情で記者会見する関係者=12日午後、東京都渋谷区の岸記念体育会館

池江選手はオーストラリア合宿中に体調不良を訴え、帰国した8日から入院中。当面は治療に専念するため、4月の日本選手権は欠場するという。

池江選手はツイッターを通じて「私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います」などとするコメントを発表した。

日本水連の上野広治副会長や三木二郎コーチによると、池江選手は1月18日から2月10日の予定でオーストラリアでの合宿に参加。何度か体調不良を訴えたほか、「今までにない、肩で息をするような場面」(三木コーチ)が見られたため、現地で血液検査を受けた。現地の医師に日本での再検査を促されたため、8日に帰国。詳細な検査を受けた結果、白血病と診断されたという。

検査に付き添った上野副会長は「相当ショックだったと思うが、(病名を伝えられてから)1時間もしないうちに前向きな発言が出た。我々大人の頭が下がる状況。東京五輪に誰よりも出たかったと思うが、今は分からない。まずは病気を治すことに専念したい」と話した。病名公表も池江選手の強い意向だという。

池江選手は100メートルバタフライや200メートル自由形などで日本記録を持ち、2018年ジャカルタ・アジア大会では6冠を獲得した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン