2019年5月22日(水)

児童虐待防止へ「新国家資格を」、超党派有志の提言

2019/2/12 17:00
保存
共有
印刷
その他

児童虐待の防止策を検討する超党派有志の勉強会(会長・塩崎恭久元厚生労働相)は12日の会合で政府への提言書をまとめた。児童虐待の防止に対応する新たな国家資格の創設や、子どもへの体罰を禁じる法的措置の検討を求めた。児童相談所に常勤の弁護士や医師を置くことも促した。

千葉県野田市立小4年の女児が死亡した事件を踏まえた対応。児童福祉法改正案を早期に国会に提出するよう求めた。

提言書では、児相に虐待問題への対応に専念する新たな部署を設けることを要望。児相の設置義務の対象を現在の都道府県や政令市から、中核市や特別区に広げる必要性も指摘した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報