/

この記事は会員限定です

大学・学部新設で農業に新風 6次産業化へ人材育成

[有料会員限定]

全国で農学系の大学や学部の新設が相次いでいる。人工繊維を土壌の代わりに用いたハウス栽培やICT(情報通信技術)を組み合わせたスマート農業の研究など、新しい農業のあり方を切り開く研究・教育に力を注ぐ。農業の国際競争力、生産から加工、販売までを網羅する「6次産業化」が求められる中で、成果に期待が集まる。

新潟県胎内市にある新潟食料農業大。雪が降り積もる1月下旬、高さ3.4メートルのガラスハウスの中は温...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1867文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン