/

ペッパー使ってプログラミング教育 ソフトバンク、ソフトを改良

ソフトバンクグループは3月から、ヒト型ロボット「ペッパー」を活用した小中学生向けプログラミング授業の支援ツールを改良版に順次切り替えると発表した。教員が簡単に授業を組み立てられる「ひな型」など新機能を追加。高校や大学レベルの内容も取り入れた。2020年にプログラミングが小学校で必修になることを踏まえ、教育現場での使い勝手を磨いた。

改良では授業進行を手助けするクイズやディスカッションなど約20種類のひな型を用意した。今後はひな型を1コマ単位の授業に構成したセットも提供する。プログラミングが苦手な教師でも手軽に利用できる。

高校や大学での採用に向け、高度な内容も増やした。独自のプログラミングツールをより効率化。ペッパーの手を動かすといったプログラムも作れるという。また小学校理科や中学校技術・家庭科の新学習指導要領に沿った内容を盛り込んだ。

同社はペッパーを用いた教育支援を17年4月に始めた。これまで約600校で約2万2千回の授業で利用されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン