サントリー、「第三のビール」新商品の出荷好調

2019/2/12 13:41
保存
共有
印刷
その他

サントリービールが5日発売した「金麦〈ゴールド・ラガー〉」の発売時の一斉出荷数量が82万ケース(1ケースは大瓶20本換算)となり、同社が過去10年間で発売した第三のビールの新商品の中で最多となった。滑り出しは好調で、2019年に「金麦」ブランド全体で18年比で8%増となる3750万ケースの販売を目指す。

サントリービールが5日に発売した「金麦〈ゴールド・ラガー〉」

1月28日~2月9日の出荷数量を集計した。同商品は「金麦」ブランドで5年ぶりとなる通年販売の新商品。麦芽の煮沸工程を2回繰り返し、濃厚な味わいを追求した。「ビールに近い味わいが好評で小売店からの期待が高い」(広報担当者)という。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]