キリン、段ボール古紙を国内循環 貿易摩擦で価格高騰

2019/2/12 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キリンホールディングスは使った段ボールの古紙を国内で循環させる仕組みをつくる。古紙の回収事業者との契約を見直し、輸出しないよう求める。米中の貿易摩擦の影響で中国に輸出される古紙が急増し、国内価格がつられて高騰している。同社は段ボール原紙の国内需要の約1%を占める大口需要家だ。段ボール原料の古紙を国内で循環する仕組みを築き、資源の安定的な調達を狙う。

対象は、キリンビールとキリンビバレッジで出てく…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]