/

この記事は会員限定です

印刷用紙、卸値2割上昇 在庫低水準で値上げ満額浸透

[有料会員限定]

カタログや書籍に使う印刷用紙の卸価格が上昇した。採算割れ脱却を狙って製紙各社が打ち出していた値上げが流通段階に浸透した。電子化の進展などで需要は減少傾向が続いているが、メーカーの生産設備休止に加えて災害や生産トラブルの影響で在庫が大幅に減少。印刷会社は必要量を調達できない状況が続いており、用紙確保を優先して値上げを受け入れた。

主にカタログなどに使うロール状の塗工紙(巻き取り、A3規格)の代理店卸...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン