2019年2月16日(土)

ソニー、ゲーム子会社社長にライアン氏

エレクトロニクス
2019/2/12 10:04
保存
共有
印刷
その他

ソニーのゲーム子会社、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は12日、ジム・ライアン副社長が4月1日付で社長に就任する人事を発表した。小寺剛社長は副社長となる。家庭用ゲーム機「プレイステーション4」本体は販売のピークを超えた。経営全般をライアン氏、ネットワーク関連を小寺氏が担う体制に一新し、収益性の維持を目指す。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの社長に就任するジム・ライアン氏

ライアン氏は1994年に欧州法人に入社し、現在はグローバルのセールスやマーケティングを統括する。ライアン氏は「事業の基盤をいっそう強固にする」とコメントした。

2017年10月にSIE社長に就いた小寺氏は、ソニー本体の業務を広げる。ゲーム事業は本体販売後もソフトウエアやサービスで消費者とつながりを持ち、継続的に収益を稼ぐ「リカーリング」ビジネスの成功例だ。ゲームでネットワーク化を進めてきた小寺氏は、ソニーグループ全体をデジタル化する役割を広げる。

ソニーのゲーム事業は18年度に売上高が2兆3500億円、営業利益が3100億円を見込む、グループ最大のビジネスに育っている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報